迷你(ミニ)

読書と中国を味わう、「迷你(ミニ)!」

トガニ 

先生、という存在

「先生は社会のことなんて知らない。知っているのは学校の中だけ。」

 

伊坂幸太郎の小説『チルドレン』にだったか、こんな言葉が書かれていた。中学生混とんとした時代にその言葉を知り、えらく安心した気がした。なんだ、先生たちも一緒かよ。マンモス学校の中、制服のひだを繰り返し指で折りながらその言葉を思い出していた。

 

学校社会というのも独特である。しかも「先生」と呼ばれるていると、だんだん傲慢になったり、鈍くなって世間の常識とずれていってしてしまう。

 

問題を起こし、世の中を騒がす「先生」と呼ばれる人たちの気持ちは少しわかる。塾を出ればただの会社員で、自分が働いている時間にはほかの社員もいるからなんとなく踏みとどまれるけど、もし自分が教室の中の独壇場の上で、周りもくるっていたら自分も今のままでいられるか。

 

そのことを再認識させてくれた映画を今回紹介する。

 

『トガニ 幼き瞳の告発』あらすじ

f:id:huiweiwuqiong:20180805144407j:plain

インターネットより引用

http://hanbunorita.com/1/eiga/silenced-dogani.html

あらすじ 映画.comより引用

韓国のある聴覚障害者学校で実際に起こった性的虐待事件を映画化し、韓国社会に波紋を起こしたサスペンスドラマ。郊外の学校に赴任した美術教師のイノは、寮の指導教員が女子生徒に体罰を加えている現場を目撃する。やがて、その女子生徒が校長を含む複数の教員から性的虐待を受けていることを知ったイノは、その事実を告発し、子どもたちとともに法廷に立つ決意を固めるが……。韓国では本作の公開で事件が広く知れわたり、当該の学校が閉鎖されるなど社会現象を巻き起こした。主演は人気ドラマ「コーヒープリンス1号店」のコン・ユ。

上映時間 125分 R18指定

   

 

 ※この作品には日本語吹き替えはありません。

この映画の3つのキーワード

トガニ

日本語では坩堝(るつぼ)の意味。るつぼとは高熱を利用し、物質を溶かしたり合成したりする湯飲み状の耐熱容器の事。

f:id:huiweiwuqiong:20180805142359j:plain

インターネットより引用https://fs1.shop123.com.tw/201118/upload/product/4307pic_big_name_777801.jpeg

 

金属などを溶かすので、るつぼは高温になり真っ赤になる。この様子から、熱く激しい気分がみなぎっていること、また様々なものが混じっていることを表す言葉(参考文献:三省堂大辞林Wikipediaweblio辞書)

 

f:id:huiweiwuqiong:20180805142406j:plain

インターネットより引用

https://pds.exblog.jp/pds/1/201209/06/26/b0133126_712927.jpg

 

 この言葉の「るつぼ」という意味や韓国語の「トガニ」という音からもこの物語のまがまがしさ、色んな人たちが入り交じりながら、中にいる人々が赤く燃え上がる様子をよく表している。

 

前官礼遇

幹部級判事出身弁護士を初めての事件を勝たせてやる慣例。このことは校長たちとずぶずぶの関係の刑事の入れ知恵により知らされ、上記の条件を満たし、かつ地元ムジン高校出身、ソウル大学首席出身という地元で権力を握る弁護士が担当となった。

 

トガニ法以前の法律

 13歳以下の子どもに対する性的暴行は加害者と親の示談によって起訴自体が無効になる。被害者であるヨンドゥは孤児なので示談はできないが、ユリとミンスの親には知的障害があり、案の定示談してしまう。

 この映画が韓国で大ヒットしたことで、性暴力に関する法律が改正され、子ども及び障がい者などへの性暴力の事件は時効廃止・厳罰化となった。

 この法律は通称「トガニ法」と言われるようになった。

 

世界が私たちを変えないようにするため

f:id:huiweiwuqiong:20180805143842j:plain

インターネットより引用

http://www.moviecollection.jp/interview_new/detail.html?id=85

 物語の最後、ソ・ユジン(チョン・ユミ)がカン・イノ(コン・ユ)に手紙をあてていた。その中で、

「私たちの闘いは世界を変えるためではなく、世界が私たちを変えないようにするため」

と記されていた。

 

 この映画で、自分がどんな状況でも正しい判断ができるかどうかについて考えさせられた。

 例えば校長や教師のように絶対的に自分が有利な状況でかつ環境がねじ曲がっている時にやってはいけないことをやらずにいられるかどうか、もしくはイノのように自分だけじゃない、家族もいる中で立ち上がれるか、ということだ。

 この映画の内容は児童虐待障がい者差別、韓国社会への問題ではあるものの、本質的にはその表面上の問題にとどまらない。私はどの国、どの時代の人間にも共通してある「世界が私たちをかえないようにするため」の行動についての問題提起だと思う。

 

 自分は聴覚障がい児のアルバイト経験があり、現塾講師なので、校長たちのように見誤ろうと思えばできてしまう環境だ。もしくは伊坂幸太郎の言葉を借りれば、今が戦後ではなくて「戦前」としたら、第三次世界大戦の戦火の中でイノのように誰も売らず、自分の意志を貫くことはできるのだろうか。絶対的に正しく行動できる自信、なんてない。

 

f:id:huiweiwuqiong:20180805144206j:plain

インターネットより引用

https://www.cinemacafe.net/article/2013/03/05/15818.html

 

 印象的な映画のシーンはイノはもともと恩師のすすめでこの裁判中、イノは恩師と権力者に呼び出された。

 

「ヨンドゥの示談への協力してほしい」

 

仕事を斡旋してもらったために払ったお金を上乗せして返し、ヨンドゥに対しては大学進学と留学まで面倒を見る。その上、イノに対しては絵を続けるためにソウルの大学に専任になれるように学長と話までしたと伝えられる。

病気がある娘を持つイノにとっては魅力的な話だった。もしかしたらヨンドゥにとっても。

だがぐっとこらえてイノは席を立つ。すると権力者はこう言った。

「娘さんを大事にしないと。…かなり具合が悪そうですね」

 

 次の日、ヨンドゥの裁判の日、娘をソウルで面倒見ているイノの母親がやってくる。

「世間の人は善悪がわからず黙ってるんじゃない。自分の家族を食べさせていくのはきれいごとばかり言ってられない。娘のソルよりその子が大事かい?」

とイノに問う。するとイノは、

「この子がひどい目に遭った時に僕はそこにいた。でも何もできなかった」

と自分の非を認めたうえで、

 

「今この手を放したら、ソルにとっていい父親になる自信がない」

 

 自分を裏切ることは簡単だ。ただそれをしたらもう自分が信じられなくなる。

 

それはほんとうに怖いことだ。

 

参考文献:

movie.prerevi.com

eiga.com

トガニ 幼き瞳の告発 - Wikipedia